Search

『KATSUKO - Bespoke designer』
(英語)

『KATSUKO - Bespoke designer』
(日本語)

ドレスのオーダーは
上のサイトからお願いします

KATSUKO - Bespoke designer

Facebookページも宣伝



Guild of Master Craftsmen banner
イギリスの Guild of Master Craftsmen に認定された日本人ドレスメーカーです



Profile
katsukobをフォローしましょう

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Links

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ






人気ブログランキングへ

mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
眉毛はどうなる?
最近、太い眉毛が流行ってきたんですって。
ボサボサ手入れがされていないというわけではなくて、キリッとはっきり
しているということなんでしょうねー。

90年代初めにはものすごく細い眉毛が流行って、みんな抜いたり
剃ったりしてましたね。ただずーっと抜いていると、生えてこなく
なっちゃうんですよ。眉毛って本当に流行の左右される部分が大きいパーツ
なので、その辺の加減を誤ると大変なことになりますよね。
眉毛の刺青とか、細いのを直すのに植毛とか。
うーん、化粧品でごまかせるぐらいで何とかしたいものです。


ロンドン生活情報

よかったら一回クリックしてもらえると嬉しいです。

******************************************************
Dressmaker in London, wedding dress, formal wear -  KATSUKO 
Bespoke designer (Please click)


Dressmaker specialising in made to measure wedding and bridesmaid 
dresses, other formal wear alterations and accessories, based in 
Cricklewood, North West London.
Free design consultation by appointment only.

KATSUKO - Bespoke designer (ここをクリック)

一生に一度の結婚式です。あなただけのウェディング・ドレスはいかがですか?  
パーティー・ドレスのオーダーや、お直しも致します。

お 問い合わせは、

020-8450-1401 / 07967 144 163 (mobile)

(月−金 10時から20時)
Skype name "k.balfour" または
mail- info@katsuko.netまでお願いいたします。

Katsuko Balfour

******************************************************
posted by: Katsuko Balfour | ファッション | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |-
メンズブラ
いやいや最近仕事が忙しくって、気がついたら2週間ぐらい書いていません
でしたね。

さっき、息抜きにニュースをウェブサイト上で読んでいたら、
『若者のメンズブラ離れ』って記事がありまして。
えー!そんなものが流行ってたの???と思いきや、
それを読んだ人たちから、「そんなもの流行ってないよ」とか
「マスコミのしわざ」とかあって、何だーそっちの意見が主流かと
ちょっと安堵などもして。

いや別に着けたかったら着けても構わないんですが、
いかにもそれが流行ってました!ってのはどうなんだろな?
と思いまして。

そのニュースのコメントで目を引いたのが、

『男は黙って乳首丸出し』

ですかね。
大笑いしましたわ。

******************************************************
Dressmaker in London, wedding dress, formal wear -  KATSUKO 
Bespoke designer (Please click)

Dressmaker specialising in made to measure wedding and bridesmaid 
dresses, other formal wear alterations and accessories, based in 
Cricklewood, North West London.
Free design consultation by appointment only.

KATSUKO - Bespoke designer (ここをクリック)

一生に一度の結婚式です。あなただけのウェディング・ドレスはいかがですか? 
パーティー・ドレスのオーダーや、お直しも致します。

お 問い合わせは、

020-8450-1401 /  07967 144 163 (mobile)

(月−金 10時から20時)
Skype name "k.balfour" または
mail- info@katsuko.netまでお願いいたします。

Katsuko Balfour

******************************************************
posted by: Katsuko Balfour | ファッション | 04:53 | comments(2) | trackbacks(0) |-
洋服を日光から守る
最近、ウェディングドレスのお直しをしたんですが、そのドレスで気になったこと
がありまして。

セールで買った品らしく、一応新品ということでしたが、かーなり長い間、店頭に
飾られていたとみえ、まず布が変色していたんですよ。 これはちょっと危ない
なーと思って、お客様と一緒に点検していたら、やはり、ドレスの細かい縫い目
の端やらファスナー脇の布がほどけるように破けているわけです。買ったときは
急いでいて、気がつかなかったと言うことでした。なので、それらを全て補修して
縫い直しました。本当はサイズが大きいからということだったんですけどね。

ハイストリートのお店だったら商品の回転が速いので、日光に当たって、布が
脆くなるってこともないんでしょうが、パーティー用のドレスやウェディングドレス
などは、お店によっては値段も高いし、シーズンごとに変えたりしないこともある
でしょうね。

イギリスだと、ドレスのレンタルはあまりないので、買うことのほうが多いと思います
が、もしセール品の場合はドレスの変色があった場合、よく点検してから購入
することをオススメします。

あとは、ドレスに限らず洋服を買ってからもハンガーにかけて日の当たる場所に
おきっぱなしということは避けたほうがいいですよ。案外日光の力は強いです。

それでは皆様良い週末を!

******************************************************

Dressmaker in London, wedding dress, formal wear -  KATSUKO
Bespoke designer (Please click)

Dressmaker specialising in made to measure wedding and bridesmaid
dresses, other formal wear alterations and accessories, based in
Cricklewood, North West London.
Free design consultation by appointment only.

KATSUKO - Bespoke designer (ここをクリック)

一生に一度の結婚式です。あなただけのウェディング・ドレスはいかがですか? 
パーティー・ドレスのオーダーや、お直しも致します。

お 問い合わせは、

020-8450-1401 / 07967 144 163 (mobile)

(月−金 10時から20時)
Skype name "k.balfour" または
mail- info@katsuko.netまでお願いいたします。

Katsuko Balfour

******************************************************
posted by: Katsuko Balfour | ファッション | 19:12 | comments(2) | trackbacks(0) |-
これがデカ目の元祖かな?
ユーチューブってすごいですよねー。
楽しくって仕事が終わった後に、がっつりパソコンの前に陣取っちゃう生活ですよ。
っで、デカ目のメイク方法をフムフムと参考にしつつも、
「ええーっ、まつげの内側のラインも塗りこむんですか?」ってな衝撃があり、
頭の中で落雷がありましたわ。ちょっと涙で濡れたら、白目が黒くなりそうですよね。
ホラーだ。

かたや、ミュージカルにも興味がありましてね。古今東西の歌を見て(聞いて?)
いるんですが、ウィーンの『エリザベート』は音楽が良いですねー。でもドイツ語なんで
意味不明なんですよ。歌詞が。なので、宝塚版を見て話の筋を追ったんですが、
うむっ?と思ったんですよ。昔のようにあんまり宝塚のメイクに拒否反応が
出ないなーっと。もしかしたらこの劇だけにでないのかもしれませんけれど、
ひとえに一般人の女の子の目の比率が大きくなったのではないかと。
っで、昔に比べあまり違和感がないのではないでしょうかね?

いやもちろん、宝塚はメイクを含めあれで1つの形が成立しているから良いんだと
思います。むしろビジネスとしては見習いたいところがたくさんなわけで。ただ中には、
目を大きくする比率を間違えてて、

〈 ● 〉 〈 ● 〉 を ≪ ● ≫  ≪ ● ≫ のようにメイクすべきところ

≪  ●≫  ≪●  ≫ のようにより目になってしまっている人もいるんですね。

この辺非常に残念というか、誰か教えてあげればいいのになーと思ったりしました。
舞台の上だとお互いわからないものなんでしょうか? これを教訓に、メイクで目を大きく
見せたいときは、自分の黒目がどこに来るかも気をつけたいところですね。

******************************************************

Dressmaker in London, wedding dress, formal wear -  KATSUKO
Bespoke designer (Please click)

Dressmaker specialising in made to measure wedding and bridesmaid
dresses, other formal wear alterations and accessories, based in
Cricklewood, North West London.
Free design consultation by appointment only.

KATSUKO - Bespoke designer (ここをクリック)

一生に一度の結婚式です。あなただけのウェディング・ドレスはいかがですか? 
パーティー・ドレスのオーダーや、お直しも致します。

お問い合わせは、

020-8450-1401 / 07967 144 163 (mobile)

(月−金 10時から18時)
Skype name "k.balfour" または
mail-info@katsuko.netまでお願いいたします。

Katsuko Balfour

******************************************************
posted by: Katsuko Balfour | ファッション | 05:48 | comments(3) | trackbacks(0) |-
何で巻いちゃうかな
さぼりにさぼったジムにようやく昨日行ってきました。
たぶん2週間ぶり。

地下鉄がストライキを始めたので、すいてるかなーと思ったら
普段よりも混んでましたわ。

のんびりペースで運動し、荷物をとりに更衣室に行ったらば、
なーんともんのすごい美少女がいるではないですか!
長い黒髪で、白い肌。かといって東洋人系ではなく、
中東人っぽい彫りの深い顔立ち。凄まじいまつげの長さ。

ちょっとモデルになってちょーだーいと言おうか迷ってたらば、
あー、スカーフを頭に巻き始めちゃいましたわ。
本当に残念です。イスラム教でしたか。
肩だしウェディング・ドレスとか着てもらえないよねー。
もってのほかだわ。

あーそれにしてもおしいです。文化の壁は時に厚いです。

******************************************************

Dressmaker in London, wedding dress, formal wear - KATSUKO - Bespoke designer (Please click)

Dressmaker specialising in made to measure wedding and bridesmaid dresses, other formal wear alterations and accessories, based in Cricklewood, North West London.
Free design consultation by appointment only.

ウェディング・ドレスやパーティー・ドレスのオーダーや
お直しのお問い合わせは、
020-8450-1401 / 07967 144 163 (mobile)
(月−金 10時から18時)
Skype name "k.balfour" または
mail-info@katsuko.netまでお願いいたします。

Katsuko Balfour

******************************************************
posted by: Katsuko Balfour | ファッション | 08:30 | comments(4) | trackbacks(0) |-
課題のシミ抜き
いつの間にやら、ミシンの油が作っている洋服についていたり、
ミートソースがシャツに攻撃をしかけていたり(私ではないですよ)、
何かとシミ抜きが欠かせません。

基本は

付いたらすぐ落とす

なんですが、家にいない場合なんか結構難しいですよね。

それで最近の私のお気に入りは、ジョン・ルイスで買った
ダイロンの染み抜き (Dylon Stain Remover) です。
化学系のシミ用(口紅、ワックス)と
食べ物系のシミ用(紅茶、ワイン)の2本があるのですが、
使い方はとても簡単です。

チューブに入った液体のりのような形をしていて、
キャップを外し、トントンっとシミの上をたたきます。
そのまま、10分ぐらいほったらかして、他の洗濯物と一緒に
洗濯機に入れます。っで、乾くとあれっと思う程シミが消えています。

柄物は、その柄まで消えてしまうかもしれないので、
見返しの下の方などでちょこっと試してみた方がいいかもしれませんね。

すべてに万能ではもちろんないのですが、あると結構便利です。
イギリスのドライクリーニングは信用できるところが少ないので、
できるだけ、自分で頑張ってみるのもいいと思います。

それでは皆様よい週末を!


福永真一の家庭でカンペキしみ抜きBOOK (TJ MOOK) (TJ MOOK)
福永真一の家庭でカンペキしみ抜きBOOK (TJ MOOK) (TJ MOOK)
福永 真一
posted by: Katsuko Balfour | ファッション | 21:39 | comments(3) | trackbacks(0) |-
Pure London : Spring&Summer 2009 (展示会)
3日の日曜日に
『Pure London : Spring&Summer 2009』
の展示会に行ってきました。
オリンピアで5日まで行われていたわけですが、
たまには初日に行ってみましょうと張り切っていたわりに、
いろんな所で地下鉄が止まってしまい、
ちょっとたどり着くのに時間がかかりましたわ。
何でいきなり止まるかなー。

出だしの不調はさておき、今回の2009年の春夏物は
前回の秋冬のコレクションに比べて良いものが
多いなーと思いました。
特に10−20代をターゲットにしたコレクションよりも
20代後半−40代のものを扱っているほうから
エネルギーを感じましたね。

トレンド情報としては、フラワープリント物が
前回に続き、まだまだ勢いがあります。
水彩画のような感じや、蝶柄ものとかも良いみたいです。
シフォン、レースやシルクなどの高級感があるものが、
多く使われています。

色はパステル系の、ピンク、パープル、グリーン、
イエローが目立っていました。

他にもモダン・サファリ系があるみたいですが、
それはあまり個人的に好みではなかったので、
よくみなかったです。ごめんなさい。
ただ迷彩柄と言うわけではなく、色使いとしては、
アフリカの夕焼けをイメージしたような
感じといえばいいのかな。
うーん、言葉でお伝えするのは難しいんだけども。

今回、買い付けのため、気合がいつもと違っていたのですが、
やはり、そういうときには良いものが見つかるものですね。
素晴らしいものを見つけました。

実はいま、ウェブサイトを製作中で、
それに関連したものを探していたんです。
今月中には皆様にお知らせできると思うので、
楽しみにしててください。
posted by: Katsuko Balfour | ファッション | 08:49 | comments(1) | trackbacks(0) |-
実験は失敗
新しい商品開発のため、
シルクに加工をしようと思っていろいろ
試して(遊んで?)いたらば、
思いっきり焦げちゃいました。

あー。
高いんだからさ。
気をつけよーよー。

ってな感じでした。
完成したらお見せできるかな。
できないとお蔵入りなんですが、
今のところは企業秘密です。
さて、何でしょー?

シルク関連でこんな映画がありますね。
あーあっちもこっちも絹に翻弄されてます。
キーナ好きなんですよ。
見たいなー。

シルク スペシャル・エディション
シルク スペシャル・エディション
フランソワ・ジラール,マイケル・ピット,キーラ・ナイトレイ,アルフレッド・モリーナ,役所広司,芦名星,中谷美紀,國村隼,マーク・レンドール,本郷奏多,ケネス・ウェルシュ
posted by: Katsuko Balfour | ファッション | 07:05 | comments(2) | trackbacks(0) |-
てっかてか
この話をファッションのカテゴリーに分けるのもなんですが、
まーでも私の仕事の一部ということで。

最近本当にいいお天気が続き、
ウィンブルドンも中止にならず、
絶好調ですね。
今年は屋根作るって話題は出なさそうです。
毎年議論してますけどね。

そんなわけで、私の仕事部屋も大変な暑さです。
南向きなので、仕事中は直射日光で
右半身だけ日焼けしそうです。
ちょっとやだな。

冬は大好きなアイロンがけですが、
この時期はスチームとの戦いです。

新しいデザインのドレスが一着できたので、
ケンさんに見せに行ったらば、ドレスではなく
私の顔に注目。

スチームのもれた蒸気が全部顔にあたってて
全面テッカテカだったようで。
すんごくビックリされました。
ハハハ。
うん、ちょっと恐いかもです。
パックした時の顔ほどではないと思いますが。
posted by: Katsuko Balfour | ファッション | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スランプ脱出
いままで上手くいってたものが突然できなくなると、
すんごく不便だったり困ったりしますよね。
まーそれをスランプというんでしょう。
たぶん。

私の場合ですが、なんとなく上手くいかないなーから
あれ、ほんとにダメになっちゃったという
縫製箇所が数週間続きました。

ドレスのある一部分なんですが、
わずか2ミリぐらいなんですけど、
ここがずれるとどうしようもなく
みっともなく見えるという厄介さもありまして、
うーん、困ったって感じでした。

一回ほどいてやり直すと、きちんとできるんです。
何で最初からできないんじゃー!
と頭の中でパニックになりつつ、
しばらく同じ失敗を繰り返していました。

さて、今日もその部分にさしかかり、
うーん、今日は初心に戻ったやり方でやってみようと、
ピンを多めに打ち、縫ってみたらば、
あら不思議。
きちんとできました。

今までのことはなんだったんだろーと思いつつ、
独りでニマニマしてしまいました。
原因を発見できてよかったです。

たぶん、皆さんそれぞれ仕事が違うかと思いますが、
スランプに陥った時は、

『初心に帰り、基本に戻る』

が良いようです。

それでは楽しい週末を!
posted by: Katsuko Balfour | ファッション | 08:00 | comments(2) | trackbacks(0) |-