Search

『KATSUKO - Bespoke designer』
(英語)

『KATSUKO - Bespoke designer』
(日本語)

ドレスのオーダーは
上のサイトからお願いします

KATSUKO - Bespoke designer

Facebookページも宣伝



Guild of Master Craftsmen banner
イギリスの Guild of Master Craftsmen に認定された日本人ドレスメーカーです



Profile
katsukobをフォローしましょう

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>


New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Links

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ






人気ブログランキングへ

mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
トイレの怪
近頃がんばってジムにコツコツ
1日おきぐらいに通っているのですが、
どうしても気になることを一つ発見。
ロシアかポーランドかよくわからないけれど
まーその辺りから来たのだろうな
と思われる金髪白人の
女の子2人組がいまして。

女の子と表現しましたが、
髪は二人共、野球少年ぐらいの長さで、
筋肉はモリモリ。
目があうとニッコリしてくれるので、
気さくな感じはします。

ここで何が問題かというと。

この2人組に2回トイレで遭遇した時のこと。
彼女達が先で私が後。
なぜか
便座があがっている
のですよ、、、
うーむ。
どうしてなのでしょうか。

このことを彼氏に報告すると、
性転換の方々では?
という返事。
でもどうみても『女』の人にみえるんだけどね。

この場合、複雑な心境ですね。
メンズの更衣室を本来は使うべきなのか、
レディース用でいいのか。
心は『男』なんですよね。
うーむ。

まーでも本人さんたちも大変なんでしょうから
温かく知らないふりして見守っているのが
いいのでしょうか?
posted by: Katsuko Balfour | スポーツ | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
走りました!
先週の土曜日。
待ちに待った(?)マラソン大会
小学校の時は、雨になんないかと真剣に祈り、、、
中学校の時は、どうやってリタイアするかを考え、、、
高校生の時は、見つからないように歩いたり、、、
まさか、30過ぎてレース(という程でもないが)にでるとは。

結論からいうと、
案外楽しかったです。
人に強制されてやったわけじゃないからでしょうかね。
あと、無理して早く走りもしなかったので、
適度に疲れただけで。
5キロを32分で完走しました。
歩かなかったよ−。
へへっ。

おみやげもたくさーん!
りんご、可愛い水筒付きの水、
ヨーグルト&乳酸飲料3個
大きなヨーグルトカップに土が入っていたので、
???という顔をしていたら、
ここにある種を植えて下さいねーということです。
何の種なのか聞くのを忘れたので、
芽か花がでた場合のみ、今後お知らせです。

なんだか、ヨーグルトが余っていたようで、
彼氏&友達2人と一緒に2回程列に
並びました。
持ってってーって感じだったし。
いま冷蔵庫には大量のヨーグルトがあります。

人気blogランキングへ

記事が面白かったら一回クリックして下さいな


posted by: Katsuko Balfour | スポーツ | 17:47 | comments(3) | trackbacks(0) |-
走っちゃいますよ
ま−なんと言いましょうか。
勢いです。
9月23日、チャリティーマラソンに
参加します。
5キロです。

中学の頃はバレーボール部だったんで、
嫌々ながら結構そのぐらい
走らされていたんですよ。
なおかつ、最近ジムでも運動してるんで、
友達に
「参加しない?」
と誘われ、
「、、、? 、、、! いいよー」
とオッケーしたわけです。

そして今日、当日着ることになる
Tシャツが郵送されてきました。
『Trees for Cities』
がスローガンでもあるように、
街の緑化が目的なんですよ。

私達の参加費とか
スポンサーから集めたお金で
道路に木を植えたり、
公園を整備したりするそうで。

私のゼッケン番号は434です。
なぜかこれがでできているんですけど、
スポンサー、けちってやしないでしょうか?

申し込み時、このゼッケンに自分の抱負を
書き込む欄があったんですが、
どうしてもすぐ思いつかず、
Kono-ki nanno ki?
と記入してしまいました。
私のチャリティーはこのレベルです。
日本語わかる人
そんなにいないだろうなーとか思いまして。
ハハハ。

しかし、これ背負って走るのもちょこっと
恥ずかしいかもね。
「あなたの力で、街に緑を!」
なーんてのが本当はいいのでしょうが、
それもまた、チカラ入り過ぎだしなーと迷って
こうなったんですけどね。

何はともあれ当日、歩かないように
頑張ってみま−す。
来月この続きをお伝えします。

人気blogランキングへ

記事が面白かったら一回クリックして下さいな



posted by: Katsuko Balfour | スポーツ | 05:55 | comments(4) | trackbacks(0) |-
ジダンの頭突き
いまジダンについて騒がれているので、
私も一言。

知らない人のためにちょこっと解説すると、
ワールドカップのサッカー決勝戦で
フランスのキャプテンであるジダンが、
(たぶん)相手のイタリア選手の暴言に
カッとなって、胸に
頭突き
して倒しちゃったのです。

日本にいる時はホント知らなかったけど、ヨーロッパでは試合があるとなれば、仮病して会社休んだり、昼から、パブにのみ行って、試合が終わるまで会社に帰ってこなかったりなんてよくある話。こういう時はたいがいボスも一緒だから問題なしです。

それがワールドカップなんてことになったら、もう大変。皆テレビの前かパブに集合。国会議員も、あのブレア首相も試合中は審議なし、または短縮。空いているテレビのある部屋にダッシュ。そんなにすごいトーナメントの皆が見る最後の決勝戦です。

そして、これがジダンの最後の試合だということも知っていて、盛り上がることこの上なし。基本的にイギリス人はフランス嫌いだから、イタリアを応援していた人も多かったと思うけど、私は、フランス サポーター。なぜならジダンがいるから。ハハハ。

試合はずっと1:1で、延長に突入。
フランスが優位な感じで、
私はフランス勝てそうかもと思い、
友人に週末のパーティーのことで電話。

そんな余裕をかましていたら、
何と、いきなり
レッドカード!
何が起こったのさーと
テレビ前に戻ったら、ビデオでもう一度。

ジダンを、イタリアの選手が後ろから押さえ付けるような感じで動きを邪魔されて、そのあと、2、3の短い会話をかわした後、いきなり振り返って、
ガツーン

私としては大笑い。
だって、世界中が見ているんですよ。
決勝戦ですよ。
自分の引退試合ですよ。
なのに、レッドカード。

暴力はいけないですよ。

でも、有名になっても謙虚で紳士だと言われ敬愛され、選手としても天才なジダンが、そこまで怒ったわけでしょ。何もしないよりも、一発お見舞いしてしまった気持ちもわかる。右パンチじゃなくて、頭突きってとこもお茶目だわ。ルーニー(イングランド)の股間にキックでレッドカードよりね。っま、彼等、頭でシュートするぐらいだから、相当痛いんだろうとは思うけど。

報復はしてはいけないと思うけど、わざと挑発した方に何もないっていうのも私は納得いかないんですが、どうなんでしょう?

今は沈黙していますが、今後のコメントが楽しみです。やっぱりこのまま辞めるのやめたーってジダンが言ってくれるのを期待しているんですけどね。素人の私が見ててもドキドキするような選手ってそういないと思いますから。

人気blogランキングへ

記事が面白かったら一回クリックして下さいな


posted by: Katsuko Balfour | スポーツ | 08:26 | comments(4) | trackbacks(1) |-
スチームルームでの宴会
去年までは、結構ポッシュなスポーツジムに
行ってました。っが、家からも仕事場からも遠く、
なおかつ6ヶ月おきに値上げするので
やめることに。
そこからプクプク太りだし、お腹の肉も
思いっきり掴めるように。

これではファッション業界勤めとしては見栄えが悪い。
と言うわけで、運良く、近所の安いジムがプールを
オープンさせたので、早速入会しました。
っで、はや一ヶ月がたつのですが。

安いと言っても、設備的にはきちんとしているんですよ。
清潔にしているし、ロンドン基準(築100年以上の家は当たり前)で言えば新しいし。

プールで泳いだあとのスチームルームって
本当に気持ちが良いのです。
ここもちゃんと小さいながらあるのですが。
なぜか、いつも私が使おうとする時、
ブラックのおばちゃん3人
がどーんと占領しているのです。

ビニールシートを広げ、床一面にいたり、
1.5リっトルの水のボトルを片手でごくごく飲んだり、
ある時は、家から持ってきたバケツに水を汲んで、
ガンガン体を流したり。熱いのはわかるんだけど。

究極は、A4サイズぐらいの大きなタッパに
山盛りのりんご
すごいです。

まーそこへ、ちょっとすいませんねーって感じで
私も入り込むわけですが、何となく狭い。
今後、どんな展開があるか楽しみです。

他のジムの名誉のために言っておくと、
こんなことがあるのは、うちのジムだけだと思います。
posted by: Katsuko Balfour | スポーツ | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-